事業案内 | 株式会社銀嶺食品

学校給食事業

創業から給食用製パンをスタート。
現在は地元の福島市内小中学校へ供給しているほか、
公的な大型施設への給食用パンの製造も行なっております。

製パン・製菓事業

福島の地に「銀嶺ベーカリー」として創業。
以来、日本の食材を意識したパン、
そして和菓子・洋菓子を作りつづけ、今では地元の方のみならず、
世界でも評価していただいております。
img-02

6次化産業

6次産業化の「福島モデル」によって、色々な農産物を余すことなく
受け入れる体制が出来上がりました。これにより、規格外で廃棄されていた
質のいい農産物が様々な「おいしい」姿へと変わり始めています。
わかりやすい例でいうと、カット野菜・カットフルーツ。
1次加工をしてシームレスに外食産業などに販売したり、
他にも、米を加工しておいしいパンとして販売したり。
いわば、規格外の農産物の「新たな規格」を作っています。

アライアンス事業

外食産業のいわゆる商品部や製造部門の
機能の業務代行を行ないます。
商品開発から製造、在庫管理までトータルで請け負い、
コストの削減、品質の向上、
ロジスティックの最適化などに貢献します。